日本初!温泉旅館の試み,腎臓疾患を持つお客様に海鮮素材を用いた

腎臓病食や透析食を ご提供できる事、当館ならではのおもてなしです。

当館が発案した温泉旅館においての糖尿病食をはじめ腎臓病食、透析対応食や各治療食でのおもてなしは 当館へ宿泊頂きました多くのお客様に称賛を頂いてございます。個々の食品成分を厳密に栄養価計算し腎臓病食では一般的な低蛋白、高カロリー、弱カリウム制限を行い見た目の美しさにも考慮した食品や海産物素材に最大限の配慮で対応した旅館は,全国的に見ても当館がはじめての試みです。

腎臓病疾患を持つお客様へ、当館の出来るささやかなお手伝いをめざしています。

キッセイ薬品工業株式会社・ヘルスケア事業部発行のキッセイゆめ通信23号2006年.秋書誌に腎臓病対応食に海鮮素材を使う治療食を提供する温泉旅館として掲載されました。
キッセイ薬品工業株式会社・ヘルスケア事業部発行のキッセイゆめ通信23号 海鮮素材を使う治療食に対応する旅館として掲載

日本旅館での海鮮料理を使った腎臓病食の食事療法〔治療食〕対応は特別な事ではなく、お客様のご要望で個々のお客様の為だけに総合病院で栄養士業務に従事し治療食の献立作成や調理、栄養指導の業務実績を踏まえ温泉旅館において、献立作成及び実際に調理する腎臓病対応食を初め糖尿病食 その他様々な各疾患食〔治療食〕がレギュラーメニューでお選び頂ける事を食のユニバーサルサービス、ホスピタリティの一環として当館の取り組みのコンセプトにしています。海の幸を使ってのおもてなし と疾患食のメニューを一人一人のお客様にご案内ができる旅館は全国的に見ても当館が初めての施設と自負しています。

腎臓病食に用いる食品素材や鮮度の良い物だけを厳選すれば本当に美味しく色彩も豊かな素晴らしい治療食メニューを旅館の一般食〔通常の旅館の料理〕と遜色ない献立で〔各治療食〕をお楽しみ頂く事が可能です。伊豆の豊かな海鮮素材使って、独自なスタンスで腎臓病食に完全対応し糖尿病をはじめとする各治療食をご選択のお客様にご満足とご安心〔 カリウム、蛋白、リン等の栄養素〕を頂ける様、厳密な栄養価計算で通常の料理と比べても遜色ない様に見た目も配慮も効かせた対応食が出来ました。

ご健康に不安があるお客様、食品摂取に制限があるお客様にも身体に優しいおもてなしができる、各治療食に対応し 個々の食品成分を厳密に栄養価計算を行い摂取する食品に最大限の考慮した糖尿病食を初めとする各種治療食に完全対応の宿はございません。全国的にも当館がその第一人者だと認識しています。

当館では連泊も承ってございます。一泊目と食事メニューも異なりますのでご安心下さい。掛け流しの温泉に浸かりごゆっくり寛ぐにはご連泊をお勧め致します。

かかりつけ湯認定書 はまべ荘は静岡県の外郭団体、ファルマバレーセンターが選んだ、伊豆のかかりつけ湯構想、温泉宿泊施設の一員に認定されました。

【かかりつけ湯】温泉宿泊施設とは、静岡県がユニバーサルデザインサービス構想の一環として健康増進や癒しに特化した伊豆の多くの温泉宿泊施設を選択し、有識者会議での選考の結果、モデル施設 として認定された温泉ホテル、温泉旅館です。

[かかりつけ湯の詳細はこちら]

食事制限があり一般の旅館料理の摂取が難しい宿泊のお客様にも柔軟に対応できる、

管理栄養士、栄養士がメニュー作成、調理をする温泉旅館として当館が紹介されました。

腎臓疾患のお客様向け当館の腎臓病食〔治療食〕、ご夕食献立の一例です。

稲取金目鯛お造りをはじめ自家製ところてんや 稲取の蜜柑花から出来たみかん蜂蜜、カリウム除去の為 下茹処理した温野菜の陶板焼き、摂取カロリーを上げる為の茄子の片栗揚げ浸し、低蛋白米を用いたご飯、随所に工夫を聞かせた地元名産づくしの 腎臓病食対応献立です。塩分制限及び蛋白制限のある方の為に竹の子のすまし汁を掲載しています。軽い塩分制限の場合はご希望により減塩対応のお味噌汁に変更致します。
腎臓病食 低蛋白、カリウム、減塩対応食の一例>海辺の宿ですから 原則海鮮素材での対応です。希望摂取蛋白、カロリーにより分量と提供する腎臓病対応食は、各自様で異なります。〕

当館で、お客様にご提供可能な海鮮素材を用いた腎臓病食の詳細は一日あたり

蛋白質40g,13単位で1600〜1800kcal[夕食時530〜600kcal前後、蛋白14.0g前後、食塩量2g未満]

蛋白質50g,17単位で1600〜1800kcal[夕食時530〜600kcal前後、蛋白17.0g前後、食塩量2g未満]

蛋白質60g,20単位で1600〜2000kcal[夕食時530〜660kcal前後、蛋白20.0g前後、食塩量2g未満]

となります。冒頭の単位数、摂取`カロリー及び蛋白質は全て一日の摂取のおおまかな指示kcalです。朝食時は、500〜600kcal前後、食塩相当量3g未満、摂取蛋白は5.6g〜を目安にしています。低蛋白米は腎臓病対応食をご希望の場合 、私の宿にてご用意しておりますので持参の必要はございません。

上記の図表は目安です。お客様とご相談しご要望に沿う献立作成を心がけています。

上記の図表を目安に腎臓病対応食をご選択できます。腎臓病交換表の厳密な蛋白質を含む食品表1〜4と含まない食品5〜6別表1〜5、治療用特殊食品に完全にあわせた対応は一泊ないし2泊 のご宿泊ではすべて合わせる事は難しいですが出来る限りの対応と努力はさせて頂きます。ご 予約の際に是非ご相談下さい。一応の目安としては、完全な制限食の場合。ご夕食時、最低蛋白、低蛋白米使用で13,5g〜摂取カロリー530kcal〜食塩相当量、1.7g〜です。朝食時は、摂取カロリーは450kcal〜蛋白は低蛋白米使用で5.5g〜食塩相当量1.7g〜です。


当館、腎臓病対応食。夕食時、605kCal 蛋白質18.3グラム、カリウム542.7mg、リン、398mg、塩分2.3g低蛋白米使用、生の野菜は全て流水にてカリウムを減らすか、一度不でこぼしした物を使用。

献立、全10品でございます。

刺身盛り合わせ、サザエのつぼ焼き バター風味伊勢海老のテルミードール、海草サラダ、なすの素揚げ浸し、下茹処理した温野菜の陶板焼き、ところてんと 煮オレンジの林檎酢蜂蜜掛け、おかゆ、筍とみつばのおすい物、香の物【わさび酢漬け】上記の食事内容にて各疾患食をご希望のお客様のご予約を受け賜ってございます

サイト観覧のお客様には大変に申し訳ございませんが栄養価計算及び調理行程についての知識のない方が当館栄養士が作成した栄養価計算表を使って勝手に調理を行った際、 不都合等が起きた場合、万が一の責任問題になりますので(糖尿疾患の血糖値の上昇、低血糖等)あえてここには詳細な栄養価計算値を掲載しておりません。ご夕食時に私が直接お会いして栄養価計算表をお渡しながら当日の献立や 各疾患食及び治療食詳細についてのご説明させて頂きたく存じます。

各疾患食は一名分だと作らない、作れない)(医師の診断書を添えないと作らない)という宿泊施設等も多く見受けられますが当館では二名様宿泊時、対応食は一名様から対応しています。確かに一名分の食事ではコスト、手間もかかりますが出来る限りの対応を心がけています。

[画像は料理の一例]

腎臓病対応食、朝食例。蛋白質12.2グラム、食塩相当量2.0グラム。

私が勤務した総合病院での一般食、各治療食の食事療法に関する知識と経験、栄養指導で得た実際の患者様に対して行った様々な体験や経験を存分にいかし、献立作成したヘルシーメニューと自他とも心得てございます。この 糖尿病食からの展開食で糖尿性腎臓病食、腎臓食(カリウム制限、蛋白制限)糖尿病食、高血圧、クーロン病対応食などをすでに当館へご宿泊頂きました、多くのお客様にご提供しております。

腎臓病食及び各治療食にて宿泊ご予約の際は、お電話、メールにて各疾病の有無、 ドクターの食事に関して指示のご内容を当館までご相談下さい。お客様のご依頼に迅速に対応させて頂きます。出来る限りのご要望や 食事への配慮をさせて頂きたく存じます。

一般的には糖尿病食、糖尿病対応食等、一般的な病院で提供する治療食は見た目が悪い、味がない、満足感が得られないとの認識が数多く指摘されておりますが専門職ならではの知識と経験を活かす事は勿論の事、旅館にてご提供する糖尿病食に用いる食品素材の選定や鮮度の良い海産物だけを厳選し、メニューに取り入れれば本当に美味しく色彩も豊かな素晴らしい対応食メニューを〔通常の料理〕と遜色ない厳選内容にて旅館料理の糖尿病食を作りあげました。

平成17年7月27日の毎日新聞全国版朝刊にて当館の糖尿病食、食のユニバーサルサービスの試みが発信されました。

日本旅館での海鮮料理を使った 腎臓病食の食事療法〔治療食〕対応は特別な事ではなく、お客様のご要望で栄養士が献立作成及び実際に調理する糖尿病対応食を初めとする様々な各疾患食〔治療食〕がレギュラーメニューでお選び頂け、海の幸を使ってのおもてなしができる旅館は全国的に見ても当館が初めての施設と自負しています。

腎臓病食に用いる食品素材や鮮度の良い物だけを厳選すれば本当に美味しく色彩も豊かな素晴らしい治療食メニューを旅館の一般食〔通常の旅館の料理〕と遜色ない献立で〔各治療食〕をお楽しみ頂く事が可能です。

伊豆の豊かな海鮮素材使って、独自なスタンスで 腎臓病食に完全対応し糖尿病をはじめとする各治療食をご選択のお客様にご満足とご安心〔血糖値〕を頂ける様、また厳密な栄養価計算で通常の料理と比べても遜色ない様に見た目も配慮も効かせた 腎臓病対応食が出来ました。

ご健康に考慮するお客様に身体に優しいおもてなしができる、各治療食に対応し 個々の食品成分を厳密に栄養価計算を行い摂取する食品に最大限の考慮した糖尿病食を初めとする各種治療食に完全対応の宿は、全国的にも当館がその第一人者だと認識しています。

 

腎臓病食プラン。ご利用料金 消費税8%別、入浴税150円を別途に頂戴致します。

腎臓食〔治療食〕プラン

4名様以上にて一室ご利用。

3名様一室ご利用。

2名様一室ご利用

 

ご利用料金

17,500円

17,900円

17.900

 

ご同行普通食該当プラン

3名様ご同行。

2名様ご同行

一名様ご同行

一名様あたりのご利用料金

17,500円

17.900

17.900

栄養価計算後、海鮮素材を豊富に盛り込み、専門職が造る腎臓病対応食プランを予約へすすむ。

稲取金目。各磯料理プランのご予約はこちらです。

糖尿病対応食及び各疾患対応食にてご宿泊をご希望のお客様はご予約の際、各疾病の有無ドクターの食事に関しての指示内容をご相談下さい。お客様のご依頼に迅速に対応させて頂きます。出来る限りのご要望や 食事に関しましての配慮をさせて頂きたく存じます。ご予約の際、お客様の現在の病状経過、アレルギーの有無、ドクターのお客様への食事指導箋〔摂取カロリー等〕をお尋ね致した後、対応メニューを作成致しますのでご協力頂く旨、ご了承下さいませ。

 

はまべ荘は、本年度新たに静岡県経営革新計画に承認されました。

経営革新計画の期間 [平成27年1月〜平成29年12月末日]

商 経 第 358号 平成27年3月23日  静岡県知事 川 勝 平 太

経営革新計画のテーマ

[個々の推奨摂取カロリー等に応じたオリジナル料理を中心とする健康宿泊プログラムの提供]

静岡県経営革新を承認,750kcal食塩相当量2.5gを実現,健康贅沢元気食

二匹の金目鯛を豪快に召し上がって下さい。

伊豆稲取の小さな温泉宿、はまべ荘。掛け流し温泉と本物の稲取地金目鯛に 篤い想いを描く。

稲取金目だけにごだわる掛け流しの温泉宿はまべ荘、金目鯛の煮付けは極上の美味しさです。

醤油、三種類のブレンド、砂糖、三種類のブレンド、酒、二種類をブレンドで金目鯛の大きさと季節毎に調味料と、煮付ける時間を適切に調節する数多くの技と繊細な心配りがおいしい金目鯛と評判のはまべ荘、特製の金目鯛の煮付けです。是非このおいしさを実際に確かめて頂きたいと思います。

稲取金目の美味しさを煮付け,しゃぶしゃぶで味わう特選磯料理プランの数々をご案内。


腎臓病対応食のご利用料金には、夕食、朝食の献立をお客様様の症例にあわせてご提供する食材及び料理の栄養価計算[カロリー計算表示表の添付]、宴席に 担当者自身が直接お伺いし各対応食献立に関しての詳細なご案内やご説明等、対応食に対しての栄養学的な解説等が含まれています。

各種疾患食に柔軟に対応する温泉宿として多くの専門誌や製薬会社の広報パンフに取り上げて戴きました。

腫瘍性大腸炎や胃腸病に対応する温泉宿
食のユニバーサルサービス対応旅館。 糖尿病、高脂血漿等に対応した食事を提供する温泉宿 糖尿病、高脂血漿等に対応した食事を提供する温泉宿
平成18年6月22日トヨタユニバーサルデザイン ショウケースにて開催されたユニバーサルデザインビジネス.シンポジウム2006[第1回・食のユニバーサルデザイン] [健康と若さを保つ食のUD環境創造を目指して]で講演された静岡県知事が紹介した事例の中で糖尿病や腎臓病などの人に対応した食事を提供する温泉旅館として当館の取り組みが会場にて紹介されました。


糖尿病食を作ります等の宣伝があっても管理栄養士、栄養士が常勤していない施設もございます。通常では差し障りがないのかも知れませんが疾病を患う方へのHP上の宣伝では虚偽の事実がもっとも嫌われる事を施設は理解していないのではないのでしょうか、疾病を持つ宿泊者の皆様に戴しての公開情報の怠慢としか言い様がありません。お客様に戴しては真摯に対応していく事が宿泊施設の生き残りをかけた責務なのではなかろうと思っています。

(治療食は一名分だと作らない、作れない)(医師の診断書を添えないと作らない)という宿泊施設等も多く見受けられますが、過去に病院栄養士として勤務し活動してきた立場として大変に嘆かわしい事実だと思います。確かに一名分の食事ではコスト、手間もかかります。しかし旅館ホテル業というのはサービス業です。宿泊頂く事でそのコストや手間銭を頂いている(加算して頂く)はずなのにその対応すらできないというのは、宿泊施設側の怠慢の他にありません。

確かに、管理栄養士、栄養士をそのためだけにに雇用するコストは計り知れません。給与面でも特に病院栄養士として勤務する者には旅館の給与条件面では納得できる金額ではないからです。しかし経営者側の熱意や誠意を持って接すればそれも例外ではないはずです。悲しい事ですが、経営者サイドは食事療法なるものをまったく理解していない者も多々ございます。最近この不景気の中でようやく他の施設との差別化を図るという名目で銀行資金調達等の為の方便として事業計画書の中に栄養士を使って様々な食事の対応をするといった事を書き込む様な次第です。

疾病対応食〔治療食〕の提供に医師の診断書を添えて下さいという宿泊施設もありますが。私個人としては、お客様が求めるものに対してサービス業は原則として答えていくのがこの旅館業務に携わる義務と責務ではないのかと思っています。医師の診断書は簡単な物でも約6000円位はかかります。その施設を選びご宿泊を受け賜るだけでも本当にありがたい事なのに、その上、余分なお金と気苦労をお客様に使わせるのはまったくもってナンセンスな事です。診断書の有無で、食事に苦慮している人には変りがありません。そのための対応サービスなのですから証明うんぬんは私としてはまったく患者様の宿泊を決める対象にはならないと思っています。


伊豆稲取、小さな温泉宿、はまべ荘。源泉掛け流し温泉と本物の稲取地金目鯛に、更なるこだわり。

二匹の金目鯛を豪快に召し上がって下さい。

創業1977年 。こだわりがぎっしり詰まった稲取地金目鯛のおいしさをあなたへ届けたい。

掛け流しの温泉は、塩化物泉で肌に滑らか、しっとりとした保湿作用があります。。

稲取産金目鯛にこだわる宿は、源泉掛け流し温泉にもこだわっています。生粋の純度高い温泉もお楽しみ下さい。

伊豆稲取小さな温泉宿、はまべ荘。こだわりの稲取地金目鯛料理プランは下記の画像をクリック。

お気軽に稲取金目の船盛りが楽しめます。地物プラン。 この金額でも正真正銘の稲取金目鯛を海鮮プラン。 地金目、あわびを楽しむなら、竜王プランです。
稲取金目のおいしさに三十年来のこだわりがある、はまべ荘の地物づくしプラン、海鮮プラン、竜王プランをご覧頂きその美味さを感じて下さい。

伊豆稲取温泉 。脇目も振らず、稲取金目鯛一筋に三十年。

伊豆稲取港で水揚げの稲取金目鯛だけをお客様に提供する源泉掛け流し温泉の宿。温泉旅館はまべ荘は,

413-0411 静岡県茂郡東伊豆町稲取温泉373番地

TEL(0557)95-3620      FAX(0557)95-3750

 

稲取金目鯛こだわりの宿はまべ荘、公式フェイスブックを始めました。

あなたのいいね!を頂けますと稲取産金目鯛へのこだわりに、さらに励みが出ます。

公式フェイスブックでは、伊豆稲取の金目鯛、はまべ荘の視点で感じた稲取温泉の楽しい情報等発信しています。是非一度ご覧頂き、お気に召しましたらあなたのいいねを押して頂ければ嬉しい 限りです。